4月10日(金)『里山ごはん食べに行こう』

1610893_777915068967105_8236084894949710596_n[1]

 

4月。春のスタートはやっぱりふきのとうで「ばっけ味噌」作り!

ふきのとうはふきの花のつぼみで、まだ葉が出る前に先に地上に出て来る部分。「春の皿に苦味を盛れ」という言い伝えがあるそうで、冬の間に溜まった脂肪を流し、味覚を刺激することで気分を引き締め1年をスタートするという意。雪解けと共に最初に現れるほろ苦い使者を里山では古くより味噌と和えたばっけ味噌にして 来ました。農家レストラン「土風里」高橋さんのは良い加減の苦さと淡い緑色が特徴、じゃがいも餅や田楽、春の味をどうぞご一緒に。
【会場】鳴子温泉 川渡地区農家レストラン「土風里」 10:00
( 陸羽東線 鳴子御殿湯駅下車 徒歩約20分、仙台西口より鳴子行高速直行バスをご利用の方は東鳴子赤湯 下車、同じく徒歩約20分)
【ナビゲーター】農家レストラン「土風里」女将 高橋 直子さん
【参加費】大人¥3000・小学生¥1000・未就学児 無料(材料費、作業道具、昼食代含)
【お問合せ、お申込み】日々温々 HPお問合せフォームよりメール送信ください。 または担当 鈴木まで(090-1772-1949)※材料準備のため、4/6(月)までにお申込ください。

No Comments Yet.

Leave a comment