プチ湯治 3日目

鳴子 川渡温泉 山ふところの宿みやま
お部屋 本館・湯治の棟
宿泊日 2012年4月

 

【3日目】

 

IMG_1820.JPG

3日目の朝、7:00起床。 今朝も良い天気。

お風呂に入ってCoffeeを飲む。 朝食の前に散歩に出てみた。

IMG_1868.JPG

みやまの裏庭はなんと5世紀に作られた古墳だそうで(!!)

そこを抜けると眺めの良いスペースになっています。目の前は畑、地域のプロジェクトで大豆を植えて

味噌作りまで行っているとの事。 畑作業の休憩場所となるテラスでしばらく風に吹かれる。

あたりに緑が茂って来たらキレイだろうなぁ。

IMG_1814.JPG

戻って朝ごはん。 目玉焼き、サラダ、なばなのソテー、パン(クランベリー)、Coffee、ヨーグルト。

Coffeeは調味料同様1人用ドリップパックを宿で売ってくれます、1つ50円。

昨日買ったひとつぶ堂のパンをあたためて食べてみた、うー美味しい??

IMG_1818.JPG

これはイチジク&クリームチーズ。

IMG_1817.JPG

そしてこれはシナモンお豆。? 結局全部つまみ食い。

チェックアウトは11:00.ギリギリまでのんびりする。

お会計は11520円 ( 宿泊費4000円×2泊、軽めの夕食2400円、入湯税70円×2泊、

調味料30円×3種、玉子30円×3ケ、Coffee50円×4つ、ガスコンロ300円)

またおいで下さいと宿の方達に見送られて出発。名残おしいなぁ・・・・。

板垣さんにアドバイスされ鳴子温泉駅(川渡温泉駅の2つ先)近くを散策する事に。(車で送って下さいました)

IMG_1913.JPG

由緒ある温泉神社。

IMG_1903.JPG

IMG_1908.JPG

こけし通りなんていうのもある。さすが江戸時代から続く木地文化の地なのだ。

IMG_1904.JPG

一度入ると良いと言われて滝の湯という共同浴場ヘ。 (入浴料150円 7:30~10:00)

スゴイ! みやまとはまた全然違うお湯。強酸性のイオウの香り。

こんなに近いエリアでもこうやって泉質が異なる、鳴子は日本で一番湯の種類が豊富なんだそうだ。

IMG_1909.JPG

老舗餅菓子屋 深瀬さん。 地元材料にこだわる商品が並んでいます。

IMG_1911.JPG

鳴子のお米、ゆきむすびを使った『かま鬼』という餅だんごを購入。

さて。 そろそろ帰ろうかな。

お天気に恵まれて3日間はこうして終了。

お会計Total

  • 宿代 11520円
  • 食材・2日目ランチ・交通費(川渡温泉駅⇔有備館 460円)3014円
  • 土産餅だんご500円

・・・・合わせて15034円。

IMG_1710.JPG

さてバーチャルトリップ、いかがでしたか?

今回お世話になった みやまさんは本館(湯治館)の場合、1人宿泊で1泊4000円、2人宿泊だと

1泊1人3800円、3人だと1人1泊3600円。ただし歯ブラシ、タオルは無しなので持参ください。

ストーブを使う冬季などは別途暖房費がかかります(500円/1室)

調味料は塩、こしょう、しょう油、サラダ油、めんつゆ、酢・・・など1回分を30円で、

Coffeeは1回分ひとつ50円で小売。これらは品書きとしてお部屋においてあります。

本館の部屋室は全部で5つ。 詳しくは宿へお問合せください。

http://www.yado-miyama.com/

鳴子には他にも自炊設備がある湯治宿がたくさんあります。

体的に言えば『2週間一巡り』といって2週間位滞在すると体の中が入れ替わるという事なのですが

なかなか現在は時間的に難しい。 でもせめて2?3泊するとだいぶリラックス出来ます!

"プチ湯治" 今年は是非試してみてくださいね。

 

No Comments Yet.

Leave a comment